フェイロン

FeiLong.jpg

キャラクター紹介

最大瞬間的爆発力は凄まじく、スーパースト恐堝暗初に付いたあだ名は“一発屋”。
足が速くて判定の強い技もあり攻撃力も高めでラッシュが強力と、強キャラに必要な要素は持っているのだが、
飛び道具持ちや対空技の強い相手を崩すのには後1歩何かが物足りなく、ダイヤグラム上ではあまり高い位置に無い、不動の中堅キャラ。
ゲージ貯め能力は高いが、スパコン自体は中性能で割と器用貧乏な面も。
男性キャラの中では最も小柄だが、スタンス(足幅)が広いニュートラルポーズのせいで下半身の食らい判定が横に長いため、めくり攻撃を苦手とする。
烈空脚やスパコンを持たずキャンセル技も少ないオリジナルSは基本的には選ばない。
風迅脚での飛び込みや立ち遠距離技・下段からのキャンセル連続技は強力だが中段技なしのXSと、中段技を装備するが必殺技でキャンセルできる技が少なくなり下段の連携が薄いXの二択。
コンボの爆発力に特化するなら風迅脚と豊富なキャンセル可能技を持つXSを、ある程度は地上戦や飛び道具にも対応できる安定感が欲しいなら中段技や烈空脚とスパコンのあるXを選ぶとよいだろう。

通常技用途

位置状態ボタン名称解説
地上小P蛇頭突目つぶし。近距離弱攻撃にしてはリーチが長いものの、近中Pが優秀なのであまり使わない。
こっから下小Pの連打キャンセルが妙にやりにくいが、ヒット確認などには使える。
中P裏拳春の近中Pに近い。目押しで大P等に繋がる。当ててもかなり有利で、歩いて間合いを調整できる。
めくりからここまで出しといてヒット確認でもいい。しゃがみキャミィ、ブラに当たらない。
大P(アッパー)力叫拳判定は■近立大P判定図■を参照。Xでは連続技のメイン。アッパー烈空の連携でもお世話になる。
キャミィ、ディージェイ、春麗には遠めの間合いで下段ガードを要求させられる(連携の項目を参照)。
小K突膝起XSなら小足にキャンセルが効くので、近立小中Pが屈むと空振る相手にヒット確認で使える。
中K跳踵撃裏当てに。誰もが一度はかかと落としを暴発させる。
大K長刀掃2段技だが、まずお目にかかれない。
小P裏掌判定は弱めなので突進を落とすには頼りない。猛連打でカバー。
中P喉手刀水平チョップ。判定強いが届かない。ダルのズームキックを潰す。
大P腹手刀判定は■遠立大P判定図■を参照。判定が強く発生が早めでリーチも長く、突進落としに使える。
XSはキャンセルが効くが、ヒットバックが大きいので烈火拳に繋げにくい。レバー入れ大Kから3ヒット可能。
小K功夫蹴これも遠小P同様連打が効くものの前方向には判定は弱い。
中K功夫蹴リュウケンの遠立中Kに似た判定で、対空にはなるがその距離なら熾炎脚でダウンを取りたい。
大K功夫脚判定は■遠立大K判定図■を参照。蹴り上げた足部分が丸々無敵。
対空はもちろん差し合いや突進落としにも使える。遠距離技にしてはリーチが少し短いことが玉にキズ。
小P烈刃肘近立小Pから連キャンでつなげてキャンセル烈火拳コンボ。
烈火拳につなげる場合は小烈火拳暴発を防ぐために押しっぱなしが無難。
中P追刃拳判定こそ弱いものの、移動技を除けば最もリーチが長い通常技なので牽制に使える。
Xは遠めの烈空ヒット後はこれで確実にダメージを奪う。
XSはこれにキャンセルで烈火が繋がるが、間合いが遠過ぎるとつながらない。
大P龍吼掌姿勢が非常に低く、判定・威力・スタン値ともに高くて使える。重ねれば烈火や下大Pが繋がる。
場合によっちゃ下大P2発でピヨ。キャラ次第では重ねずに熾炎脚や立大P等が繋がる。
リュウの起き上がりに密着して重ねるとリバサ真空波動が出ても一方的に勝てる(さすがに根元昇龍には負けるが)。
小K (小足)打膝蹴Xはスーパーキャンセルのみ可能。CPUキャラはキャンセルかけてくるので羨ましい。
XSはキャンセルが効くので、近立小Kから連キャンでつなげたり、遠撃蹴からつなげてヒット確認コンボ。
中K (中足)掃脚蹴Xはスーパーキャンセルのみ可能。判定がかなり弱く差し合いに不利。
だがXSはキャンセル可能なので、かなり遠めから烈火拳に繋がる下段技となる。
大K (大足)廻斬蹴Xフェイロンの最終兵器。…と呼んでいる。色々と面倒臭い時用の下段。
小柄なフェイロンの通常技の中ではリーチこそ長いが、相打ちが多くて戻りは遅いため差し合いには向いていない。
J小P落襲掌安跳びに。判定が長時間出っ放しなので突っ込んでも結構強い。Sでは中Pも同じ絵。
中P落襲掌(S)(S)J小Pの威力強化版。
鉄槌落(X)(X)垂直J大Pと同じグラフィック。
大Pニ鷹爪リーチが短いものの、早めに出せば下方向の判定は強い。
アッパー系の対空潰しに。風迅脚が削除されたXの正面跳び込みはこれがメイン。
小K落襲膝タイミングは難しいけど、起き攻めに使う。
中K落襲膝Xではめくりor正ガード裏落ちに使える。判定は■J中K判定図■を参照。
めくり性能自体はそれほど強くないので、間合いをミスって空振りしないように注意。
大K風迅脚(S)Xの烈空脚のグラに流用されたモーションで、判定は激強。めくり・正面など間合いを選ばず、汎用性も高い。
相手にとっては喰らうとそのまま烈火拳まで貰うので脅威だが、S/XSフェイロンを選ぶこと自体にリスクがある。
飛槍脚(X)垂直J大Kのモーションを流用。めくり性能が低下しスラを潰せなくなるなど、風迅脚よりは弱体化した面が否めない。
横へのリーチが長いので、バックジャンプ空対空や遠間からの正面飛び込みには使える。
小P空裂刀飛び道具を垂直ジャンプでかわすときのダイエットに。
中P空裂刀
大P鉄槌落
小K空舞膝下方向に強い足払い潰し。
中K空舞膝上方向の相手に対する空対空にならないこともないが。
大K飛槍脚Xでは斜J大Kにも使われているグラ。リーチが横に長いので空対空に。
特殊地上hidari.giformigi.gif+中K直下落踵Xは中ゴスと同じく中段技で、しゃがみ状態の敵に当てるとのけぞりが長い。
また小ジャンプするので足払いをスカして蹴る事もできる。Sは中段じゃなく前進もしないので使い道なし。
migi.gif+大K遠撃蹴フェイロンを象徴するかのような2段技。烈空暴発でもよく見る。
ガードさせても有利なので無理矢理近づいて連携に持ち込む。当てたら画面端では小足が繋がる。
起き上がりに重ねれば下大Pも繋がり、スタン値が高いのでピヨが狙える。
相手によっては空中判定を起き上がりに重ねるか、2段目のみを重ねるか…。
投げ地上hidari.giformigi.gif+中大P岩塊抱めくりに行くならこれでも十分。
hidari.giformigi.gif+中大K襲首刈首刈り投げ。P投げよりさらに早く動ける。
投げ受身を取られても裏当てめくり連携があるので、Xは常時こっちだけでも可。
空中sita.gif以外+中大P襲首落威力は地上投げと同じ。目にする事はあまり無い。

キャンセル

○=キャンセル可 ×=キャンセル不可 △=スーパーキャンセルのみ可

バージョン立ち(近距離)立ち(遠距離)しゃがみ
小P中P大P小K中K小P中P大P小K中K小P中P大P小K中K
S×××××××××
XS×
X

※特殊技はすべてキャンセル不可

XSは殆どの地上技にキャンセルが掛かる。
リーチの長い下中Pや下段の下中Kから烈火拳まで一気に繋がるので、
僅かな隙間に差し込んだ牽制技から高威力のコンボが狙えて爆発力は高い。
Xは必殺技キャンセル可能な技は少ないが、代わりに烈空脚が刺されば烈火が繋がる。

必殺技

Ver.必殺技コマンドゲージ優先順位解説
SX烈火拳sita.gifmigisita.gifmigi.gif+P62判定は■烈火拳判定図■を参照。連続で3回まで入力可。3発目の威力が高い(1・2発目の約1.5倍)。
足元はお留守だが発生が早く突進力もある。
基本的に攻撃ボタンの威力が大きい方が移動距離が長いため繋がりやすく、最も繋げやすいのは大→大→大となる。
※参考:「ハイパーストリートファイターII」覚え書きページ 「【烈火拳確認表】[外部リンク]」。
1発目を大で出し、ヒットしていたら大→大と繋げ、ガードされていたら小で終了して削るのが基本。
Sの方がXよりも硬直が僅かに短く、攻撃判定も大きいのでサガットや本田にも繋がりやすい。
スタン値は1発ごとに加算されて攻撃間隔が遅いので、ピヨらなかった場合はダウンしてる間に回復されてしまう。
なお2段目のボディーブローが下段判定(立ちガード不可)になるのは、基本的にCPUのみ。
SX熾炎脚hidari.gifsita.gifhidarisita.gif+K84判定は■熾炎脚判定図■を参照。出掛かり無敵で小は1ヒットダウン。中大は2段技で2段目のみダウン性能あり。
根元で当たれば小でもかなり減る。小は攻撃後もほぼその場に着地し、大が一番横に伸びる。
また終わり際に後ろ側にも攻撃判定が発生する。
出掛かりの「無敵だが自身からの攻撃判定も出ていない」時間が長めなので安跳び(詐欺跳び)されやすい。
だがコマンドの性質上、ガード熾炎がすごく楽。
X烈空脚(hidari.gif)hidarisita.gifsita.gifmigisita.gifmigi.gifmigiue.gif+K73判定は■裂空脚判定図■を参照。Xフェイロンの要となる技。
中段の突進技で、当てたらそのままコンボで烈火拳まで繋がるので強力。
また突進技にしては判定が強く、出掛かりには全身無敵があり、突進中も攻撃判定が前面に出るので打ち負け難い。

近距離での「立大P→裂空→立大P…」のアッパー裂空の連携が有名。
溜め系の飛び道具を読んで飛び道具を越えれば、溜め解除の相手を襲えるので潰され難い。
下溜め系の無敵技も跳び込みをガードさせてから出せれば下溜め解除で反撃を防いでラッシュを続行できる。
防御時は出掛かりの全身無敵を利用し、こちらの起き上がりに小技で安全重ねを狙う相手に使う。めくり着地する事もある。
また空中コンボ判定を持っておりスパコンや烈空脚で再度拾える。スパコンの使い道が少ないので便利。
ややコマンドが出難いのには理由がある。解決法はRound〜のセリフが出る時にmigiue.gifを入力すれば、この呪いが解ける。
詳細はT.AKIBAページ 「烈空脚は出にくい」[外部リンク]を参照。
X烈火真拳sita.gifmigisita.gifmigi.gifsita.gifmigisita.gifmigi.gif+P1烈火拳5発を繰り出す完全無敵突進技。
無敵時間はスパコン中最長クラス(5発目まで無敵)で、ヨガインフェルノに突っ込んでも打ち勝てる。
ただし5回攻撃の合計移動距離は、小の烈火拳3発分より若干長い程度。かなりリーチが短いので中近距離専用。
烈火拳との移動距離の比較は■烈火拳判定図■を参照。地上技へのカウンターや烈空脚からの空中コンボに。
烈火拳硬直やレバー中Kで反撃を誘って置くのも良い。フェイロンはゲージ溜め能力が高いのでゲージ放出しても惜しくない。ただし最後の1発が空振ると反撃を受けるので削り目的ならトドメ以外は危険。

対空技

バージョン対空技距離解説
フェイロン熾炎脚近距離無敵時間が短い。小は前方に伸びないので間合いに注意。
フェイロン遠小K近距離相手の裂空脚潰し
フェイロン遠大K中距離膝から先はやられ判定無し。早めに遠距離認識で出して置いておく。
フェイロン下大P近距離姿勢が低いのでベガの中足対空のように使える。続けて下大P2発なども。

連続技

バージョン連続技相手キャラ解説
フェイロンJ大K→大P→烈火拳×3ピヨリ不安定コンボ。Sは高確率。
重ね小足→立大P→烈火拳×3下段始動の起き攻め。タイミングが若干シビアだがヒット確認可能。
重ね下大P→烈火拳×3全キャラ下段始動の起き攻め。
基本決め打ちで出す事になるが、ガードされても小烈火に切り替えて削れる。
簡単な割に決まれば強力で、リバサ無敵技を持たない相手には反撃もされ難い。
重ね下大Pの後は熾炎脚や烈火真拳も繋がる。
重ねレバー入れ大K→下大P(or遠立大P)お手軽だがピヨリが狙える起き攻め。下大Pの方がピヨらせやすい。
ガードされていたらレバー大Kからの連携に切り替え。
重ね近立中K→近立大P→烈火拳×3K投げ受身連携後などに。
重ねなくても繋がるものの近中Pより繋げにくい。
重ね近立中K→近立小P×2→下小P→烈火拳×3K投げ受身連携後などに。
重ねなくても繋がるものの近中Pより繋げにくい。
重ね近立大P→近立大P→烈火拳×3最初の近立大Pの持続をギリギリで当てて歩く必要あり。
Xフェイロン烈空脚→近立小P→烈火拳×3全キャラ実戦で安定して入りやすい基本コンボ。
バルログのしゃがみ食らい時は下小Pも使い分ける。
烈空脚→近立大P→烈火拳×3本田、サガット以外立大Pが入るキャラにはこっちで。
当たり方が浅い時は下中Pの追撃などに切り替える。
烈空脚→下小P→烈火真拳
(めくりJ中K)→近立中P→僅かに歩いて近立大P→烈火拳×3リュウケン、ザンギ、ダル、ホーク、フェイロンリュウケンにはかなり歩く必要あり。ダルシムはピヨ確定。
めくりJ中K→下大P→目押しで熾炎脚ピヨリ濃厚コンボ。下大Pの繋ぎも目押しもシビア。
立小P×n→下小P→烈火真拳全キャラ画面端に引っかかったら弱烈空脚。
烈空脚(空中ヒット)→烈空脚全キャラカス当たりを再度烈空脚で拾う。最大3ヒット。
烈空脚(空中ヒット)→烈火真拳全キャラ最大5ヒット。
烈火真拳→弱烈空脚全キャラ画面端に引っかかったとき限定。
XSフェイロン中足→烈火拳×3近立大Pより遠い間合いから狙えて下段始動のXS専用コンボ。
近立中P→中足→烈火拳×3全キャラピヨり不安定コンボ。場合によっちゃ4ヒットでピヨったり5ヒットでピヨらなかったり。
レバー入れ大K→中足→烈火拳×3太めキャラ跳んだ方が減るので使い道はほぼない。もしレバー入れ大Kが当たったら狙う。

テクニック

バージョンテクニック解説
Xフェイロン移動兼ゲージ溜め烈火拳ゲージタメ速度はかなり早く移動もかなり早い。
アッパー烈空烈空→近立大Pキャンセル烈空→・・・を繰り返す。
フェイロン大小小烈火拳大→大→小の烈火拳ばかりやってるとリバサ無敵技での割り込みポイントがばれてしまう。
大→小2発止め等、色々バリエーションを混ぜて惑わせ反撃を防ぐ。対リバサに烈火真拳カウンターも狙う。
烈火拳のコツ間合いにもよるが、基本的に1回目と2回目に小烈火を混ぜなければ3発目まで連続ヒットで繋がる。
また1回目が小でも手先の終わり際がヒットしていれば、2回目以降を中か大にすれば最後まで連続ヒットするし、
ガードされても反撃を受けなくできる。
いつも大→大でヒット確認してると、3発目を小にしても敵にめり込み過ぎて手遅れな事があるので、適時大中小を使い分ける。
ガード熾炎脚熾炎脚はコマンドの大半がガード方向なので、ダウン中やガード中に熾炎脚のコマンドを入力しておき、
リバーサルのタイミングでボタンを離せば、入力成功時は熾炎脚が、失敗時はガードとなる。
他の昇龍拳コマンドでも基本は同じなのだが、レバーを前に入れてからガード方向に戻す時間が無い分素早く対応できる。
その分、前に踏み込んでの熾炎脚はレバーを後ろに戻すのでひと手間増える。
また相手の攻撃を引きつけてカウンターで熾炎脚を狙った時に、コマンドが間に合わなかった場合もガードできる可能性が増える。
屈状況確認4段J大K後の近立大Pがスカるような遠めの間合いでも、「J大K→烈火拳」が強力な4段になる。
一応相手が立ち喰らいでも繋がるが、タイミングがシビアで相手に近付かないといけなくなるので、
跳び込みをしゃがみ喰らいした時用に。
ヒット確認は困難なので、しゃがみ喰らいっぽかったら決め打ち。

連携

バージョン連携解説
Xフェイロンアッパー烈空「近立大P→キャンセル裂空脚→近立大P…」を繰り返す。
次第に間合いが微妙に離れていくので、どこかで歩きを挟んで間合いを詰める必要がある。
裂空の判定が強めなので、有効な反撃技の無いキャラには厳しい連携となり、
中段技の裂空で下溜めを解除できるので溜めキャラにも有効。
距離が遠くて間で歩かなければいけなくなった時は、アッパーを挟まず直接裂空を出すと意外に返されにくい。
アッパー裂空の合間に下段や投げを織り交ぜて霍乱し畳み掛ける。
※参考:T-Akibaのページ「アッパー烈空はこれで返せる[外部リンク]
下小P列空「下小P→キャンセル裂空脚→下小P…」を繰り返す。ガードバックが短いので、アッパーほど間合いが離れない。
裂空脚コマンドの途中で小Pを押して入力。
ダブル烈空烈空→烈空と続けて烈空を出す。アッパー烈空を繰り返しているうちに離れた間合いを詰める。
アッパー烈空や熾炎脚を意識している相手は意外と素直にガードする。
烈空すかし投げ烈空で手前に落ちて投げる。ガードに意識が向いてると結構決まる。
K投げ受け身後裏当てめくり画面端を背負った相手にK投げを仕掛け、受け身を取られた場合に狙える。
そのまま前に歩いて立ち中Kを出すと、フェイの背中でキックが当たる。
近中Kのガード方向が2択になっている。体が薄いキャラなら画面中央でも可能。
「裏当て中K→大P→烈火拳x3」でピヨ。レバー中Kの踵落としを暴発させないように。
XフェイロンN択ジャンプ攻撃・烈空等をガードさせてから投げ・下段・中段・熾炎脚等で攻める。
が、下段からコンボにつなげにくいので実質投げと熾炎の2択。
フェイロン遠撃蹴連携レバー入れ大K(遠撃蹴)を近めでガードさせると、硬直差で大幅有利。
そこから「中段踵落とし、下段、歩いてK投げ」の3択。
下段アッパーキャミィ、ディージェイ、春麗は立ちガードポーズの下半身の判定が上半身よりも僅かに前に出ている。
※参考:T-Akibaのページ「動き・判定編[外部リンク]
この為、立ちガード硬直中の相手に近立大Pが遠めで当たると、下半身の判定のみにアッパーの攻撃判定が当たるので、
しゃがみガードを要求させる事ができる。
例えばキャミィに単発の近立大Pアッパーを遠めでガードさせた時は通常通り立ちガードで防がれるが、
「近立中P→近立大P」と連続ガードさせるとアッパーはしゃがみガードになる。
そこで遠目からのアッパー烈空でガードを中下段に高速で振れる。
近立中Pで距離を調整すると楽(近立中Pがしゃがむと当たらないキャミィを除く)。
近立大Pの判定は■近立大P判定図■を参照。

基本戦法

何といってもスピードと火力を活かしたごり押しがフェイロンの基本。
判定の強い下大Pを軸に、烈火拳と烈空脚で突っ込んで相手の体力を削っていこう。
ゲージもすぐに溜まるので、ぶっぱしても回収はしやすい。

ホーアチョウ! ハイ、ハイ、ホアイー! ホーアチョウ!
ハイハイハイハイホアイ! ホーアチョウ! ホー!!で勝利である。

とまあ、ここまでは全部都合のいい話。
反面フェイロンは守勢に回ると非常に弱っちく、
飛び込まれれば疑惑めくりの恐怖に晒され、待たれれば決定打もなく、
トリカゴされればそのまま近づくさえもできずに散ってしまう。

いかに波動とソニックの雨をかいくぐって得意の間合いに持ち込むか、
いかに待ちを崩すか、いかに待たれる前に相手を攻め落とすかという、
「ごり押し体制に持っていけるまでの立ち回り」こそが最も重要な点だったりする。

相手キャラ毎の攻略はフェイロンの対戦攻略